原宿系ファッションの特徴

原宿を発信地としたものを原宿フ系ァッションと呼びますが、他の種類と比べて個性が強いです。
シンプルなアイテムにも自分でリメイクをすることで、世界に一つしかないアイテムを作ります。

ブランド品も結局は1点物にするために、本来の価値は下がってしまいます。

4meeeにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

よって身につけるアイテムはブランドでなくても構わないという人が多いです。


高価なアイテムを繰り返し身につけるより、自分のセンスに合わせるためにリメイクができて、おしゃれのバリエーションが増えるのを期待して、安いアイテムをたくさん持っている人が多いです。

アイテムの中には着こなすのが難しいものがありますが、原宿系ファッションではそれさえも自分流にアレンジします。
例えば乗馬用で太ももはゆったりとしていて膝下がタイトになったジョッパーズというズボンは、原宿系ファッションを好む人くらいしか日常的には着ません。
サイバーファッションは原宿系と呼ばれる一つのスタイルです。

これは近未来的なコーディネートで、ビニールの素材で光沢感を出したり、奇抜な蛍光色で映画に出てくる未来人を連想させまし。


Tシャツやパンツはシンプルでもサイバーサングラスという未来感あふれるアイテムを利用する人が多いです。



若者の原宿系ファッションでは、古着が多く使われます。



古着は安いので何枚も購入でき、自分流にリメイクすることで、古着の少しくたびれた雰囲気と流行りのアクセサリーのギャップが楽しめます。